ダイエットで痩せたい人・応援隊TOP > 効率的なダイエットをしていこう

効率的なダイエットが成功の秘訣

効率的なダイエットをするということは、ダイエット成功に向けて一直線に進んでいくということです。寄り道したり、立ち止まったりするのではなく、同じペースで目的地を目指していくのです。ただし自転車や車などの乗り物に頼ろうとしてはいけません。そういったものは、急激な食事制限や断食、痩せる薬、ダイエットサプリメント、低カロリー置き換え食品、真新しいダイエット法に当たります。

そうではなくて遅い歩みでもいいから、「自分の足で」しっかり、ゆっくりと大地を踏みしめて進んでいくのです。これが結局は、ダイエットで痩せたい人がリバウンドを起こすことなく、確実に目標を達成する秘訣といえます。一見効率が悪いように見えますが、もっとも確実に、しかも健康的に痩せていく方法なのです。

効率的なダイエットとは、以下の条件を満たすものです。

  • 脂肪の燃焼効率を上げる
  • 運動によって消費カロリーを増やす(運動時と基礎代謝)

脂肪の燃焼効率を上げる

効率的なダイエットをしようとしたら、体の脂肪を燃えやすい状態にもっていくことがポイントになります。ダイエットで痩せたい人が、脂肪燃焼効率をアップさせる方法は以下の三項目です。

  • 運動を取り入れる
  • 栄養バランスを取る
  • 体を飢餓状態に置かない
  • 食べる時間に気を配る

食事制限のダイエットはダメ

効率的なダイエットをしようと思ったら、上記の三項目は必須事項です。
まずダイエットで痩せたい人は、食事制限だけで痩せようとすることがありますが、それは間違ったダイエット法であり、効率の悪いやり方です。

人が生きていく上では、食べ物を消化・吸収・代謝・排泄する必要があります。きちんとした量の食事を食べているうちは、このサイクルは機能しています。でも朝食抜きダイエットとか単品ダイエット、ケトン体ダイエットなどの「食べないダイエット」をすると、このサイクルが鈍化してきます。

たとえば朝食を食べないと、腸脳ホルモンが刺激されず、胃の内容物が腸の蠕動運動を引き起こしません。そうなると結腸が活発に活動しなくなり、便が大腸内に留まってしまうのです。その結果、さらに大腸壁が便から水分を吸収してしまい、便はカチカチに。これが便秘の発端です。

このように食抜きダイエット(とくに朝食)によって、便秘になり、排泄できなくなります。効率的なダイエットをするためには、多少はカロリーを減らすことも大切ですが、過激なカロリーカットはいけないのです。たとえ量は少なくても、朝食をはじめとして「3食しっかり食べる」ことは、効率的なダイエットということ以前に、人間が健康的に生きていくうえで当たり前のことなのです。

運動を取り入れよう

効率的なダイエットという点からいえば、きちんと食べた上で運動を取り入れると、消化・吸収・代謝・排泄という流れがスムーズになってきます。運動をすると、まず血行がよくなります。すると、体内のすべての働きが活気付いてくるのです。内臓には毛細血管がびっしり張り巡らされていますから、当然のことですね。血行がよくなれば、消化・吸収されやすくなり、筋肉のエネルギー代謝が活発になります。大腸の血行もよくなるので便秘も解消され、一連の流れがスムーズに回転し出すのです。

運動には、心拍数を120程度に維持する有酸素運動と、それ以上の無酸素運動(全力ダッシュや筋力トレーニング)があります。有酸素運動は、前述してきたように全身の血行をよくして、消化・吸収・代謝・排泄のサイクルの回転を早め、脂肪を燃焼しやすくします。

いっぽう筋力トレーニングは、基礎代謝量を上げて、消費カロリーを増やすメリットがあります。つまり寝ているときでも、脂肪を消費しやすい体質になるのです。もちろん血行もよくなるので、有酸素運動と同様の効果も見込めます。なにより体温の上昇により、冷え性やむくみが解消し、免疫力が向上します。それは病気知らずの健康な体の絶対条件でもあります。効率的なダイエットは、食事制限のみのダイエットとは正反対で、健康を増進させて、長生きする秘訣でもあるわけですね。

栄養バランスを取る

そのほか効率的なダイエットのためには、運動習慣とともに栄養バランスを取ることも欠かせません。つまりビタミンやミネラルといった微量栄養素が不足しないように、しっかり献立を考える必要があるということです。

緑黄色野菜をしっかりレシピに加えれば、ビタミン・ミネラルのほかに食物繊維も摂れるので、便秘の予防・解消に役立ちます。便秘知らずになるので、四つのサイクルを停滞させないメリットがあります。そのほか小腸の中で、不要なコレステロールや脂肪を吸収して排泄したり、血糖値が急激に上がらないようにしてくれるので、体脂肪を溜まりにくくしてくれます。まさにダイエットで痩せたい人にとっては、欠かせない成分といえます。

効率的なダイエットのためには、すべてをバランスよく摂る必要があります。
そのうえで、とくにビタミンB1、ビタミンB2、マグネシウム、カルシウム、亜鉛、鉄分、クロムが大切です。必須脂肪酸は、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らすために必要ですし、必須アミノ酸は、筋肉を作るために欠かせません。こういった必須栄養素のうち、どれかが欠けても、擬似的な飢餓状態と体が認識する可能性があります。そうなると、脂肪を溜め込もうと働くので、脂肪が燃焼しづらくなります

また、摂取カロリーが極端に少なくなると、同様に飢餓状態と認識するので、脂肪が使われにくくなります。このような栄養不足状態、低カロリー状態で、いくら有酸素運動をしても、脂肪燃焼効率が悪くなります

ですから効率的なダイエットを実践しようと思うのなら、まずは栄養バランスの取れた食事を摂り、極端に食事量を減らさないようにすることが大前提です(腹八分目程度がオススメ)。そのうえで有酸素運動や筋力トレーニングなどのエクササイズを実行すれば、効率よく脂肪を燃焼していくことができるでしょう。

食べる時間に気を配る

効率的なダイエットをしようと考えるのなら、食事を制限するよりも、食べる時間帯に注意したほうが効果的です。つまりいくら栄養バランスが取れた食事を摂ったり、食事量を少なくしても、寝る前に食べたのでは脂肪が溜め込まれやすくなるということです。

夜は副交感神経に切り替わるので、エネルギーを溜め込もうという働きが強くなります。また寝る前の3時間に食べてしまうと、寝ている間も消化・吸収作業が行われ、しかもそれを消費できません。寝ているときは副交感神経が優位なので、そういった食べ物は、大半が脂肪に溜め込まれていきます。

そのほか寝る前に食べると、深い眠りが取れなくなるので、寝初めの3時間に分泌される成長ホルモンが少なくなってしまいます。成長ホルモンには脂肪を燃焼するという、重要な役割があるのです。そのほか肌の傷を修復する働きもあるので、美白・美肌を考える女性にとっては、就寝前の食事・夜食・間食は美容の敵ということですね。ダイエットの食事制限は、食べるものや量を制限するのではなく、時間帯を制限するというのが正解なのです。

>> 【PR】わずか1か月で、好きなだけエステに通えるようになり、いつでも好きなだけ「欲しいもの」を買えるようになる”たった1つの方法”とは?(無料)

すぐに痩せたいという人へ

すぐに痩せたいという女性は多いはず。たとえば夏までにそれほど時間がなくて、しかも何としてもスリムになって、ビキニが似合う体型になりたいとか。近いうち同窓会があるから、絶対に痩せ...

一番痩せる方法とは?

一番痩せる方法って何でしょう?最も体重を落とせるダイエット法を期待しているのなら、それは違います。巷には、低炭水化物ダイエットとかケトン式ダイエット、単品ダイエット(バナナ、キ...

10キロやせたい人へ

10キロやせたいという場合、あなたの体型は次のどちらかだと思います。誰が見ても、明らかな肥満体肥満じゃないのに、痩せようとしているもしあなたの状況が前者...

やせるツボってあるの?

やせるツボというものがあるようです。たとえば、耳ツボを押すと食欲を抑制できたり、新陳代謝を高めるといいます。やせるツボの意義は、「脂肪の燃焼そのもの」にあるのではありま...

無理なくダイエットすることが大切

無理なくダイエットすることが、ダイエットで挫折しないための条件です。当然ですよね?我慢の連続で辛いことばかりでは、きっとそのダイエット法は長続きしないでしょう。ただし、そのダイ...

ダイエットの食べ方と食生活とは?

ダイエットの食べ方ってあるのでしょうか?よく聞くのは、甘いものをや脂っこいものを控えるとかですよね。そのほか食べ過ぎない、少食にする、朝食や夕食を抜く、単品ダイエット(バナナだ...

足を細くする方法って?

足を細くする方法について解説したいと思います。女性なら、太い太ももよりも細い足、太いふくらはぎや足首よりも、スリムな下腿部に憧れますよね?でもこれって人それぞれなんです。全...

食べてないのに太るのはなぜ?

食べてないのに太るという人がいます。朝食は抜きで、昼食に軽く食べ、間食はいっさいせず、夜も少食に留めます。それでウォーキングも1時間歩いているのに、かえって太っていって...